土屋文明記念文学館企画展・童謡詩人 金子みすゞの世界

2018年8月2日

群馬県立土屋文明記念文学館は、第101回企画展「童謡詩人 金子みすゞの世界 - みんなちがって、みんないい。-」を9月24日まで開催しています。

みすゞ展チラシ  童謡詩人金子みすゞの世界(535KBytes)

金子みすゞ(本名テル、1903-1930)は、山口県大津郡仙崎村(現在の山口県長門市)に生まれ、大正時代末期から昭和時代初期にかけて活躍した日本の童謡詩人です。

詩人・西條八十にその才能を認められて、大正後期に雑誌『童話』や『婦人倶楽部』、『金の星』等で活躍しました。没後に再評価され、現在500篇以上の詩が知られています。

企画展では、この「幻の童謡詩人」の優しく温かい作品の世界と、その生涯を紹介しています。

企画展について詳しくは、群馬県立土屋文明記念文学館のホームページをご覧ください。

問い合わせは、群馬県立土屋文明記念文学館(電話027-373-7721)へ。

企画展案内

◇会期=9月24日、月曜日(振替休日)まで

◇開館時間=午前9時30分~午後5時(入館は閉館の30分前まで)

◇休館日=火曜日(8月14日は開館します)

◇観覧料=一般410円、高校生・大学生200円、中学生以下・障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料

ワークショップ「みすゞの詩を体験しよう~スーパー竹とんぼで遊ぼう~」

金子みすゞの詩「竹とんぼ」にちなみ、上州竹とんぼの会の会員を講師に迎え、より遠くに飛ぶスーパー竹とんぼを作ります。
上手に作って大空高く飛ばしたり、的あてなどをして楽しく遊びましょう。あがれ、あがれ、竹とんぼ。

スーパー竹とんぼ
羽の形状に特徴がある「 スーパー竹とんぼ 」

◇期日= 8月8日水曜日

◇時間=午前10時30分~11時30分、午後2時~3時の計2回

◇定員=各回先着30人

◇費用=200円(材料費)

◇申し込み=電話で土屋文明記念文学館(電話027-373-7721)へ

童謡詩人金子みすゞの世界 ワークショップ(212KBytes)

 

地図

群馬県立土屋文明記念文学館