新町かぜいろこども園 子育て支援センター「わたぼうし」

2017年5月8日

新町かぜいろこども園(旧新町保育園)子育て支援センター「わたぼうし」は、新町第一小学校隣にあります。

わたぼうし駐車場

わたぼうし入口

駐車場からすぐのところに、わたぼうし専用の入口があります。

2 入口

3室内全景

わたぼうしは2階にあります。広く、あたたかい雰囲気のお部屋です。

概要

開園時間と活動

ハイハイ

月~金 午前の部 9:00~11:30
    お昼の部 11:30~12:30(お弁当を持参して食べられる日があります)
    午後の部 12:30~15:00
土   8:30~13:30
※園庭開放 月~土 9:00~15:00

曜日による年齢区分はありません。
土曜日も施設を利用できるのは、ありがたいですね。

名札

取材時は、0歳さんの登録が多いようでした。(写真の赤い名札が0歳さんです)
あかちゃんを気軽に連れてこられる場所として、浸透しているようです。

利用料金

無料
(別途、実費がかかるものもあります)

サークル活動

2017年3月現在、2つのサークルがあり、それぞれ月に1回活動をしています。
サークル支援の日は、サークルの貸し切りとなります。
スクラップブッキングのサークルもあり、みんなでわいわい楽しく作っているそうです。
自分だとなかなか始められないことも、準備と教えてくれる人がいると、手軽に始められますね。

自由遊び

この日は自由遊びの日。のんびり遊びます。

自由あそび1 自由あそび2

おもちゃ 8 シール貼り

曜日による年齢区分は特にないので、0歳から3歳のお友達がめいめい遊んでいます。
自然と同じ年頃のお友達が集まり、一緒に遊んでいました。ママ同士も自然とお話が始まっていて、良い雰囲気でした。

7-4手遊び

活動の最後には、お片付けをして、みんなで手遊びなどをします。

8 シール貼り 出席カード

お名前を呼んでもらい、お返事をして出席カードにシールを貼ります。

9最後の来所

取材日が3月下旬ということもあり、この日が最後の来園という親子もいました。
1年間楽しかったね、春から頑張ってね。と、プレゼントをもらっています。
大きくなったよね~。と感慨深そうに思い出話をする先生とママたち。
わたぼうしが、子どもたちの成長を見守ってきていたのが感じられます。

ママたちの声

ママと先生

わたぼうしの魅力を、利用されているママさんたちに聞いてみました。

ママA
「子どもは、生後4か月で、先月から利用しています。家にいるよりぐずりが少ない気がします。周りを見て楽しんでいるのかな。」
支援センターは、あかちゃんにも優しく、ママにも優しい場所。外で長時間過ごすのに慣れるのにもうってつけの場所ですね。

ママB
「たまごホールのような施設もいいけれど、ここは先生が親子の名前を憶えて、一緒に遊んでくれたり、話をしたりできるからいいですね。
 家にいると、単調にあかちゃんの相手をしている感じですが、ここに来ると、楽しく時間が経つのも早く感じます。」
確かに!一人で子どもといるよりも、誰かといる方が、楽しく有意義に過ごせることもありますね。

先生より

「いつでも、お気軽に利用してくださいね。」
そうおっしゃってくれた先生たちの笑顔がとてもあたたかったです。
新町近辺在住でなくても、もちろん利用可能だそうです。
 

新町かぜいろこども園 子育て支援センター「わたぼうし」

高崎市新町333
0274-42-8088

詳しい活動予定は、ちゃいたか内の子育て支援センターページから予定表をご覧ください。


Reported by matsutani、かただ(2017年3月)