ひだまりこども園子育て支援センター「すくすく広場」

2017年6月26日

ひだまりこども園(旧石原第一保育園)子育て支援センター「すくすく広場」は、石原町にあります。

室内全景

最初は自主事業としてスタートし、今は市の支援を受けながら開園しています。
地域に根ざしている子育て支援センターです。

概要

開園時間など

室内開放
 09:30~14:30
(午前の部 09:30~11:30 ランチタイム 午後の部 13:00~14:30)
 または 12:00~17:00

園庭開放
 09:30~14:30

※ 活動内容は各月のお便りに掲載されています。お便りはこちら→子育て支援センター予定

月曜:フリー(0,1,2,3歳)
火曜:ぴよぴよちゃん(0,1歳)
水曜:フリー(0,1,2,3歳)
木曜:フリー(0,1,2,3歳)
金曜:すくすくちゃん(2,3歳)

年齢区分のある日は、年齢に応じた活動内容になっていますが、弟妹を一緒に連れてくることもできます。
(きょうだいで参加の場合は、上のお子さんの年齢に合わせます)

利用料金

無料(クッキングなど一部実費がかかります)

カレンダー制作

この日は、2,3歳さんの日です。活動は、6月のカレンダー制作。

制作1 制作4
月齢に合わせ、子どもが楽しんで参加できるよう、準備をしていただいてあります。
かたつむりさんに模様を入れています。

制作3 制作2
6月のカレンダーの絵です。とってもかわいいです。

広々したお部屋

おもちゃ 本棚
ひだまりこども園の子育て支援センターは、開放的で広々としており、いろんな活動がしやすいです。
おもちゃを広げて遊ぶもよし、元気に動き回るもよし。
調理器具を持ち込んで、簡単なクッキングをすることもあるそうです。

いろいろな活動

週に1度ほどは、園外活動をしています。
石原緑地、観音山ファミリーパークなどに現地集合し、みんなで遊びます。

ほかにも、外部講師を招いての親子遊び、クッキーの型抜きなど楽しく参加できるクッキング、園の畑でのサツマイモ植え、給食試食会など、室内で遊ぶだけでなない楽しみがたくさんあります。

ママたちの声

ひだまりこども園の子育て支援センター「すくすく広場」の魅力を、利用されているママさんたちに聞いてみました。

ママA
「保育園に通っていなくても、園の雰囲気を味わえるのはいいですよね。」
子育て支援センターでは、主活動・おやつ・読み聞かせなど、園でもしている活動を日々行っています。
親子で楽しく行事に参加し、園の雰囲気も味わえるので、とてもいい場所ですね。

ママB
「ほどよい人数で、子どもが自由に遊べるところです。」
子育て支援センターのお部屋はとても広々していて開放的に作られています。
子どもたちは、自由に動き回ったり、思い思いのおもちゃを手に取ったりして、のびのび遊んでいました。

先生より

「一人でも来やすい雰囲気づくりを心がけています。お気軽にご利用ください!」

勇気を出して支援センターに行ったけれど、ママたちのグループができあがっていて、入りづらい…
もしかしたら、今までにそんな経験をしたことのあるママ、いるかもしれません。
ひだまりこども園の支援センターは、一人(ママと子ども1組)でも落ち着けるあたたかさがあります。

みんな、子育てに悩みを抱えています。同じ悩みを共有すると、気持ちが楽になると思います。
気軽に行ける子育て支援センターです。ぜひ足を運んでみてください。

ひだまりこども園 子育て支援センター「すくすく広場」

高崎市石原町1245
027-325-4524

詳しい活動予定は、ちゃいたか内の子育て支援センターのページから予定表をご覧ください。


Reported by かただ、Photo by あべ(2017年5月)