妊娠・出産

2018年3月2日

妊娠したら▼

妊娠した時の届出やマタニティ事業等を紹介します

赤ちゃんが産まれたら▼

出生時の届出や産後ママの支援、訪問・相談などについて紹介します


妊娠したら

1

妊娠の届出と母子健康手帳

妊娠されましたら、高崎市総合保健センター4階健康課または各地域の保健センターに妊娠の届出をして、母子健康手帳をお受け取りください。

市ホームページで詳しく見る

妊婦健康診査

母子健康手帳といっしょに妊産婦健康診査受診票をお渡しします。これにより、妊婦健診にかかる費用の経済的な負担を軽減しています。

市ホームページで詳しく見る

妊産婦個別歯科健康診査

妊娠中はむし歯や歯周病にかかりやすく、妊娠中の歯周病は、低出生体重児の出産や早産につながるという報告があります。また、子どものむし歯菌は母親からうつることが多いと言われています。生まれてくる赤ちゃんのためにも、妊娠中・産後に歯科健康診査を受診して、むし歯と歯周病の予防に努めましょう。

市ホームページで詳しく見る

おなかの赤ちゃんをみんなで守る運動

「マタニティチェーンホルダー」と「マタニティ車用ステッカー」をお渡しします。おなかの赤ちゃんをみんなで守っていきます。

市ホームページで詳しく見る

マタニティクラス

初めてママになる妊婦とその夫を対象に、マタニティクラスを実施しています。内容は妊娠中の栄養(調理実習)、子育ての知識、先輩ママとの交流会などです。(参加には、事前の予約が必要です。)

市ホームページで詳しく見る

ちゃいたか情報はこちら

マタニティクラス体験記(1)おいしくてためになる
マタニティクラス体験記(2)赤ちゃんについて学ぶ
マタニティクラス体験記(3)プレパパと一緒に
マタニティクラス体験記(4)そしてママになる

新町マタニティクラス その1

思いやり駐車場利用制度

人にやさしい福祉のまちづくり条例に基づいて、群馬県が実施しています。妊産婦の方は、妊娠7か月から産後6か月の期間に利用者証の交付を受けることで、思いやり駐車場(車いす使用者用駐車施設)を利用できます。

市ホームページで詳しく見る

ちゃいたか情報はこちら

妊婦さんも使えます 思いやり駐車場

出産育児一時金

国民健康保険に加入している方が出産されたときにお支払します。(妊娠12週以上で、死産・流産を含む。)申請方法は3通りあります。
※国民健康保険以外に加入している方は勤務先にご確認ください。

市ホームページで詳しく見る


赤ちゃんが産まれたら

2

出生届

子どもが生まれた日から14日以内(海外で出産の場合は3か月以内)に届出をしてください。届出人は生まれた子の父・母で、祖父母は届出人になれませんのでご注意ください。

市ホームページで詳しく見る

出産育児一時金

国民健康保険に加入している方が出産されたときにお支払いします。(妊娠12週以上で、死産・流産を含む。)申請方法は3通りあります。
※国民健康保険以外に加入している方は勤務先にご確認ください。

市ホームページで詳しく見る

児童手当

子どもが生まれた日から15日以内に届出をしてください。中学校修了前(15歳に達した日以降最初の3月31日まで)の児童を養育している方にお支払いします。

市ホームページで詳しく見る

産後ママヘルプ

出産後、お母さんの身体が回復するまでの間、家事や育児などの支援が必要な家庭にホームヘルパーを派遣し、安心して生活できるように応援します。

市ホームページで詳しく見る

未熟児・新生児訪問

必要に応じて生後3カ月までの新生児期のご家庭に保健師・助産師が訪問し、お母さんの心配ごとなどのお話をうかがいます。

市ホームページで詳しく見る

こんにちは赤ちゃん事業

地域で活動している母子等保健推進員さんが、赤ちゃんが生まれたお宅を家庭訪問し、健診等の案内をしたり、子育てを一緒に考えます。

市ホームページで詳しく見る

ちゃいたか情報はこちら

母子等保健推進員さんが来たよ♪

あかちゃん学級

離乳食や遊びなどについて、4~5か月の赤ちゃんのお母さんを対象に開催しています。お住まいの地域で受講してください。

市ホームページで詳しく見る

ちゃいたか情報はこちら

あかちゃん学級に行ってきました!

すくすく相談

7~8か月になる赤ちゃんを対象に相談を受けます。

市ホームページで詳しく見る

乳幼児・就学児医療助成

中学校3年生までの子どもは、入院・外来ともに自己負担がなく医療を受けられます。子どもの健康保険証ができましたら受給者証の申請をしてください。
差額ベッド代など自己負担となるものがありますのでご注意ください。

市ホームページで詳しく見る