予防接種

2018年3月2日

難しいと思われがちな予防接種について紹介します。

4

予防接種とは

お母さんからもらった赤ちゃんの病気に対する抵抗力(免疫)は、自然に失われていきます。予防接種は赤ちゃん自身で免疫をつくって病気を予防することを助けます。予防接種の正しい知識を身につけて、予防接種を受けましょう。

市ホームページで詳しく見る

ちゃいたか情報はこちら

小児科デビューのみちしるべ!予防接種説明会

予防接種に関する注意事項

予防接種は体調の良い時に受けてください。また、受けた後の注意事項もあります。予防接種についてよく理解して受けましょう。

市ホームページで詳しく見る

定期予防接種

予防接種法により定められている予防接種です。決められた接種年齢、回数、接種間隔を守って受けましょう。指定医療機関で無料接種できますが、対象年齢を過ぎてしまうと任意接種となり有料になります。

市ホームページで詳しく見る

BCG  ◇三種混合  ◇ポリオ  ◇四種混合  ◇麻しん・風しん混合 ◇日本脳炎 ◇ヒブワクチン  ◇小児用肺炎球菌ワクチン  ◇水痘(水ぼうそう)

任意予防接種

希望する人が主治医と相談して接種する予防接種です。自費で接種する予防接種ですが、保護者の判断で主治医と相談して接種してください。接種費用の一部を市が助成しています。

市ホームページで詳しく見る

おたふくかぜワクチン

ワクチンとは

感染症の予防のため、その原因となるウィルスや細菌、または菌が作り出した毒素の力を無くしたか、弱めて作ったものがワクチンです。予防接種でこのワクチンを体に接種して、その病気に対する抵抗力(免疫)をつくります。

市ホームページで詳しく見る