サポーターおすすめの絵本「きらきら」

2018年2月26日

3

きらきら

 文
  谷川俊太郎
 写真
  吉田六郎
 出版社
  アリス館

今冬は平野部でも積雪があって、子どもたちは大喜びでした。
もう冬も終わろうとしていますが、雪の記憶が新しいうちにぜひ見せてあげたい一冊です。

谷川俊太郎さんのやさしい詩と、青をバックにした雪の結晶の写真がステキです。
こんなにきれいなものが空から降ってきて、同じ形のものは一つとしてない。
大丈夫です、子どもにもちゃんと伝わります。

幼稚園の年少さんで読み聞かせをしてみましたが、普段はわちゃわちゃした元気のいいクラスが、
口々に「キレイ」と言いながら写真に魅入っていました。
ただ、誰かが「おいしそう」と言ったら、「あれもおいしそう!」「これもおいしそう!」一気に賑やかになりましたが・・・

ぜひ、春が来る前に手にとっていただけたらと思います。


ちゃいたかサポーター あべ