【次男坊 たっくんの成長日記】第3話

2018年6月15日

第3話 助産師さんが来た!

こんにちは。ちゃいたかサポーターのmikaです。

いよいよ梅雨入りし、すっきりしない日が続いていますね。

洗濯物も乾かないので、気分が憂うつです。

眠るたっくん

さて先日、生後2ヶ月を迎える前に、助産師さんの家庭訪問がありました。

高崎市では、赤ちゃんが生まれた後「おたんじょうはがき」を郵送すると、助産師さんや保健師さんが訪問指導をしてくれます。

おたんじょうはがき

実際の内容は、まずは赤ちゃんの体重測定と成育の様子を見てくれます。そのあと子育て中の心配事や不安なことなどについてお話しし、それについて1つ1つ丁寧に説明をしてくれました。

この時期、赤ちゃんを連れて外出することや産院に相談に行くことも難しいママもいらっしゃると思います。そんな時に、こういった家庭訪問があると安心できますね。

慣れない子育てに不安を感じているママは多いと思いますので、この機会に色々聞いてみるといいかもしれません。

2人目とはいえ、1人目とは全然違う子育ての悩みもあったので、私もいろいろ相談できてスッキリしました!

来月からいよいよ予防接種開始です!がんばろう!たっくん!

鏡餅のようなたっくん

今回のたっくん

食っちゃ寝、食っちゃ寝の繰り返しで、ついに6kg超。まるで鏡餅のようです(下の写真)。上の写真は、お腹いっぱいで眠るたっくんです。

・月齢=2ヶ月

・体重=4,790グラム → 6,020グラム

・身長=54.0cm → 56.0cm

 

高崎市からのお知らせ

新生児訪問・未熟児訪問

母乳が足りているか心配、体重の増えが気になる、泣いてばかりいて心配・・・など、生まれて間もない赤ちゃんのことは、ちょっとしたことでも気になります。

助産師や保健師がご家庭に訪問し、育児の助言や不安の相談に応じます。対象は、生後3か月になる前日までの赤ちゃんで、費用は無料です。

母子健康手帳と一緒に配布された黄色のはがき(おたんじょうはがき)に必要事項を記入し、赤ちゃんが生まれたら早めに投函してください。

そのはがきの内容をもとに、担当者が電話で連絡します。訪問日時などはそのときに相談して決めます。

出生体重が2500g未満の場合は、必ず「おたんじょうはがき」を出してください。

詳しくは、高崎市のホームページ・健康課・母子保健のページの「 新生児訪問・未熟児訪問 」をご覧ください。

 

今までのたっくん

◇【第2話】1ヶ月健診。

◇【第1話】はじめまして。