産後ママヘルプサービス事業を拡大

2013年4月1日

 赤ちゃんを産んで間もない母親に対し、家事や育児を手伝う「産後ママヘルプサービス」のサービスが4月から拡大されます。

 産後ママヘルプサービスは、出産後、体が十分に回復していない母親の負担を軽減するため、 ホームヘルパーを派遣し、家事や育児を支援するもので、利用者は、へルパーから育児を教わることもあり、大変助かっているということです。市には、利用できる期間や回数を増やしてほしいという声が寄せられていました。

 4月1日から、これまで退院後2カ月以内に限っていた利用期間を6カ月以内に、利用回数を、これまでの20回以内から30回以内に拡大します。双子など多胎の場合は退院後1年以内、60回まで利用できます。

 利用料金は、1回1000円で、生活保護世帯は無料です。対象は、育児や家事を手伝ってくれる家族がいない人。利用時間は、1日1回、おおむね2時間。月曜から金曜の午前8時から午後6時。母親が家にいることが条件で、母親の外出のために子どもを預かることはできません。

 

お問い合わせ

高崎市
保育課
電話:027-321-3848