子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨差し控えについて

2013年6月18日

平成25年4月1日から予防接種法に基づく定期予防接種となった「子宮頸がん予防ワクチン接種」について、6月14日に開催された国の「厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会」において、ワクチンとの因果関係が否定できない特異的な副反応が見られることから、定期接種は継続するものの、積極的勧奨(接種を勧めること)を一時 差し控えるととなりました。
これを受け、厚生労働省から全国市町村に対し、勧告が通知されました。

高崎市では、接種希望者に対しては、接種の前に必ず読むことになっている従来の「予診票裏面の説明」に加え、接種前には新たに厚労省が作成した、ワクチンのリスクなどについて記載したリーフレット等で、接種勧奨の差し控えの旨を理解し、接種の判断をしてもらうよう対応します。

積極的勧奨は差し控えとなりますが、予防接種法に基づく対象者で、接種を希望する方については、これまでどおり全額公費負担での接種ができます。

詳しくは高崎市ホームページ

子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆様へ6月版(1.35MBytes)

お問い合わせ

高崎市
高崎市保健所保健予防課
電話:027-381-6112