8月30日から「特別警報」が運用に

2013年8月22日

気象庁はこれまで、大雨、地震、津波、高潮など重大な災害の起こるおそれがある時に、警報を発表して警戒を呼びかけていましたが、8月30日から、これに加え、警報の発表基準をはるかに超える豪雨や大津波などが予想され、重大な災害の危険性が著しく高まっている場合、新たに「特別警報」を発表し、最大限の警戒を呼び掛けます。

特別警報の対象となるのは、1万8千人以上の死者・行方不明者を出した東日本大震災における大津波や、我が国の観測史上最高の潮位を記録し、5千人以上の死者・行方不明者を出した「伊勢湾台風」の高潮、紀伊半島に甚大な被害をもたらし、100人近い死者・行方不明者を出した「平成23年・台風12号」の豪雨などが該当するということです。

特別警報が発表された場合は、これまで経験したことのないような非常に危険な状況にあるので、避難指示、勧告などや屋外の状況に留意し、ただちに命を守るための行動をとるよう気象庁では呼びかけています。

また、大雨等の被害を防ぐには、時間を追って発表される気象情報や、高崎市の防災情報を活用し、早め早めの行動をとることが重要だということです。

問い合わせ 気象庁前橋地方気象台防災業務課 電話027-231-1404

高崎市ホームページ

お問い合わせ

高崎市
防災安全課
電話:027-321-1352