【突撃レポ】高崎で産む・育む~第二子出産のママに取材~

2013年12月4日

ちゃいたかサポーターRTさんに新たに家族が増えました。

こうのとり.thumb

 

ちゃいたかサポーターSF(もうすぐ3歳になる男の子のママ)が、お見舞いと取材を兼ねて突撃レポ!

高崎で産む決断

RTさんは、市内の病院の個室にいらっしゃいました。第一子は、お嬢さん。ママそっくりな3歳の女の子です。

今回は、第二子の出産で男の子、もう名前も決まってました。

赤ちゃん

SF:おめでとうございます~。里帰りせずの第2子出産の決意と高崎のこの病院を選んだ理由は?

RT:上の子の生活環境をなるべく変えたくなかったからです。この病院を選んだ理由は、「通院のしやすさ」と院長先生が良いとの噂を聞いていて、初診察で「信頼出来て安心できる先生だなぁ」と確信したからです。

入院生活は、子どもとも一緒に過ごせる部屋と聞いて個室を選んだのですが、主人が子どもをここまで連れてくるのも大変と言って、この部屋で家族で多くの時間を過ごしているわけではありません。 

主人は、録りためたDVDを子どもと観てこの3連休を過ごしていますが、子どもとべったりの休日は、仕事より大変だと言っています。
また、お休みを5日間もらえるのですが、今回は3連休と重なっているので、平日は2日間の休み、もう1日年休をとってくれて、家事負担軽減に協力してくれています。

SF:この病院を選んでよかった事を教えてください~。

RT:看護師長さんが朝、昼、晩ときてくれて、とかくまめに、私の話に耳を傾けてくれます。

そして、的確なアドバイスをくれます。2人目、性別が違うこと、2人いるとどうなっちゃうだろうと心配事が出てきたときに、ほんとうに頼りになる存在です。

また、夫と協力するにはどういう態度でいたらいいかといった事についてもアドバイスをくださいます。

イラストママベビ_thumb

2人目でも初めての男の子!

RT:男の子って、おむつをするときに、おちんちん下げてしまってあげないとなんですね~。

SF:この間、うちもパンツおむつでうっかり上にしたまんまにしたら、横からもれちゃいましたよ~。注意が必要ですよね。

RT :女の子ではこういうことなかったので~。この子、第一子より小さいので、おむつも少し小さめのものをお願いしました。

SF:うちも小さく生まれたけど、今は結構小さいおむつも売ってますよね。市内だと赤ちゃん本舗にありましたよ。あとは新米ママさんだとネットでの購入もありかも。

RT:股関節脱臼防止用のこのおむつカバーとか知ってました??病院によるらしいんですけど。

SF:知らない知らない~。いろいろとやっぱり変わっていきますね~。

出産後の事も含め、前回と変わったことありました??

RT:K2シロップの回数が第一子より増えていてびっくりでした。

予防接種事情

SF:医療もたった2,3年でも変わりますよね~。第一子の時はロタウイルスのワクチンなかったし。。。

RT:予防接種も、一緒にどうやってやっていくかって結構悩みますよね!!!冬の時期に、なるべく早目にこの子(第2子)には、いろいろと打っていきたいし。。。でも、できたらなるべく2人一緒に受けさせたいし。。。

2人子どもいる生活がまだ想像できません。スケジュール管理も大変そう。

SF:予防接種どこも結構込み合ってますよね・・・。うちなんて、インフルエンザの予防接種12月に第一回目。大丈夫かしらと。。。

RT:子どもは、インフルエンザ2回受けなきゃだから、働くママとしたら結構考えますよね・・・昨年は、うちは、近所の内科でお願いしました。でも万が一の副反応が心配だったので、仕事を早く切り上げて、平日にうちましたよ~。

SF:何かあった時の体制は、平日のほうが万全ですもんね。  

高崎で育む 退院後の生活

SF:退院後はどんな生活が待っているのですか?

RT:上の子は、保育園に預け、この子が7カ月になる来年の4月には仕事に復帰する予定です。

直近では、産後ママヘルプサービスを頼む予定で、早速、主人に申し込みに行ってもらいました~。残念なことに、持ってきたiphoneやipadからは申し込めなくて・・・。こういうところも便利になるといいのですが、幸いこの病院は市役所に近かったので、行ってもらいました。こういうサービスや保育園などに子どもを預けたりしていないと、なかなか家の事回っていかないし、不安や心配ごとが増えますよね。

RT:第2子といっても、性別が違ったり上の子がいたりすると全然、また違いますね。積極的に、市の健診などを利用して、必要な情報を得ていきたいですよね。

SF:その様子をこれからも、ちゃいたかを通して、お伝えしていきたいですね~。

 

高崎の予防接種事情、産後ママヘルプサービスはまた次の機会に。


reported by RT&SF