あかるく 元気に すこやかに『桃ヶ丘保育園』

2019年2月27日

「桃ヶ丘保育園」は、剣崎町の特産でもある桃の畑と住宅街に囲まれた地域に在ります。昭和44年に設立され、現在の園舎は平成6年に全面改築されました。

外観

保育の様子

給食と遊び

0歳~3歳未満の子どもは、家庭での生活リズムや登園時間に合わせ、給食や昼寝の時間をクラス一斉でなく、子どもに合わせて行われています。
少人数のクラス編成なので、家庭的で温かい雰囲気です。

0歳児クラス

0才クラス

給食は少人数ずつで行うため、保育士の目がよく行き届きます。
月齢の低い子どもは保育士の膝に座らせて食べさせることもあります。これは、家庭での状況に近い保育を心掛けているからだそうです。

登園の早い子どもは、給食を済ませ、昼寝していました。

1歳児クラス

1才クラス

読み聞かせでは音楽を流し、子どもたちは手作り楽器を鳴らしていました。

歳児クラス

2才クラス

昼寝をする子どもの向こうに、給食を食べる子ども、さらにその向こうには遊んでいる子どもも居ます。

年少クラス

年少クラス

3歳児が過ごす年少クラスは、2018年4月に増設した園舎にあります。夏の行事「すいかわり」のために、3歳児が大きなスイカの色塗りをしました。(写真提供:桃ヶ丘保育園)

年中クラス

4才クラス

教室の奥に、小屋のような空間が在ります。子どもたちは秘密基地のようにして遊んだり、季節に合わせて飾り付けたりしています。子どもたちの想像力と工夫しだいで、使い方は無限です。

年長クラス

5才クラス

教室内は、装飾しすぎず、子どもの作品を飾る程度で、家庭の雰囲気、居心地に近づけているそうです。

個人棚

作りかけのブロックなど遊んでる途中のオモチャは、また続きで遊べるよう、片付けの時に壊してしまわず、個人の棚に置いておけます。
大作が完成したら、お迎えの時にママやパパに見てもらうことも出来ます♪家族から褒めてもらえて、子どもたちも喜びます。

園の施設

ホール

発表会や卒園式など、園の行事を行うホールです。
取材に伺った時には、発表会の練習をしてました。

お絵描き

ホールの一部の壁は黒板になっていて、お絵描きし放題!大きな壁面に、イメージが広がります。
(写真提供:桃ヶ丘保育園)

給食室

給食室は子どもが配膳できるように、カウンターの高さが子どもサイズになっています!
給食のおかずは園で調理され、ご飯は家庭から持参します。
ご飯は園にある保温機に入れておけるので、子どもたちは、ご飯もおかずも温かいものを食べることができます。

おむつ処理

使用済のおむつは、園で処理してくれます。

楽器

音楽の得意な保育士さんが多く、歌の伴奏は定番であるピアノやオルガンだけでなく、それぞれ得意なウクレレやギターなどの楽器も使うそうです。
楽器は教室だけでなく廊下にも置いてあり、子どもたちはいつでも触れることができます。

雨の音

雨の日には雨粒の「音」も楽しみます。
軒下にペットボトルや空き缶、バケツなどいろいろなものを置き、子どもたちは様々な「音」を聴くことができます。
さて、どんな音が聴こえたかな?

けん玉

けん玉は、集中力を養うために、年中クラスから始め、年長クラスではマイけん玉で練習して、けん玉検定にチャレンジするそうです!先生たちも夢中です。

遊びに実体験

子どもたちには遊びながら学び成長してもらいたいと考え、地域の方々に協力してもらい職場体験する機会を取り入れているそうです。

和菓子

地元で人気の和菓子店 微笑庵に協力していただき、毎年、年長クラスになると、和菓子を作ります。
(写真提供:桃ヶ丘保育園)

達磨 神輿

地元の伝統工芸である達磨の工房 幸喜を見学しました。
大きな達磨を持ち帰り、子どもたちが絵付けし、夏祭のお神輿になりました!
(写真提供:桃ヶ丘保育園)

取材を終えて

園の保育理念でもある、地域に開かれた保育園のとおり、オープンな雰囲気で、取材中も在園児のママが事務室に寄ったり、園児達が寄って来てハイタッチしてくれました。
園長先生も子育て中なので、保護者目線で寄り添ってくれているのを感じます。
保護者の役員も無く、行事のお手伝いは有志で出来る人が出来る時に協力し合い、働く保護者に負担を掛けない心遣いに、子どもだけでなく保護者も応援されてるようで心強いですね。

基本情報

運営:社会福祉法人 桃源会
施設名称:桃ヶ丘保育園
保育定員:60人
開所時間:午前7時30分~午後7時( 延長保育時間含む)
所在地:高崎市剣崎町409-3
電話:027-343-5367
ホームページ:https://www.momogaoka.com/

お知らせ

休日保育

桃ヶ丘保育園は、休日保育を行っている市内で4ヶ所の保育所の1つです。
休日保育については、高崎市のホームページ「休日保育」をご覧ください。

子育て支援サークル「おはなひろば」

おはなひろば

桃ヶ丘保育園は、子育て支援サークル「おはなひろば」をサポートしています。
「おはなひろば」では、親子で、手作りおもちゃで遊んだり、わらべ歌・ふれあい遊びを行ったりしています。
親子で友達の輪も広がります。
一緒に子育てしていきましょう♪お気軽にお越しください。
プログラムは、同園のホームページおはなひろばのページや、twitterおはなひろば(@ohanahiroba)でも公開しています。

子育てサロン「おはなさろん」

さろん外観

子どもと保護者のための子育てサロンです。
午前は未就園の親子が、手芸やウクレレなど趣味を通じて交流します。
午後になると小学生が来て、宿題をしたり、工作したりして遊んでいます。
サロンには子どもたちが自由に遊べるおもちゃや絵本の貸出も在ります。
気軽におしゃべりができ、子育て相談もできます。
開催日時 毎週木曜日:午後4時~6時、隔週水曜日(おはなひろばを公民館で行わない日):午前10時~正午
※祝日と12月29日~1月3日はお休みします。その他お休みの日は、同園のホームページおはなさろんのページや、twitterおはなさろん(@ohanasalon087)でもお知らせします。


ちゃいたかサポーター
 記事 千輝ゆり
 写真 あべ

 

地図

桃ヶ丘保育園