ちゃいたかサポーターのおすすめ絵本情報~♪(3/3)

2019年7月26日

ちゃいたかサポーターのあべです。

3回にわたって、ご紹介してきた雨の日におすすめの絵本も今回が今シーズン最終回です。
いかがでしたか?どれも雨に関わる絵本で、この時期ならでは!だと思っています。
まだ読んだことがない方も、既に読んだことがある方も、ぜひ一度読んでみてくださいね。

最終回はこちら...

「雨、あめ」

雨、あめ

作: ピーター・スピアー
出版社: 評論社

実は、ちゃいたかサポーターの仲間に教えてもらったこの本。
文字のない、絵だけの本です。
しかし、子どもなら雨の日にやるであろう色々が楽しく描かれています。

わが家では、子どもたちが小学生になった今でも、今でも年に数回は雨の日にカッパ着て近所の公園に出撃します。
普段あまり熱量を表に出さない長男も、梅雨時期はいつ土砂降りになるか楽しみにしている様子を隠しません。

いまでも、この時期はたまにみんなで読みますし、今年からは小学校の読み聞かせにも使ってみました。
読み手のドキドキをよそに、文字のない絵本でも大好評でした。
たまには童心にかえって雨を楽しんでみませんか?


ちゃいたかサポーター あべ